ミニチュアカー

2010年9月24日

トミカリミテッドヴィンテージ(TLV)/ネオ(TLV-NEO)

日本のミニチュアカーの第一人者、TOMYが誇るトミカ。
男の子なら一度は手にした事もあるのではないでしょうか。

ほかならぬ自分も子供の頃からちびちびと買っては遊び倒して
手放すの繰り返し。
楽しく遊んで消耗していくのも正しい玩具のあり方と思うので、
これはこれでアリ、トミカはそういうものだと思ってました。通常
トミカも十分コレクションの対象になりえますけど。

しかしタイトルにもありますTLV(-NEO)が登場して状況が一変、
1/64に統一されたスケールに専用のホイールなど造形が
細かくなり、何より車種選択基準が”ややおっさん向け”(笑)に
なっているのが魅力的です。これにはやられましたcoldsweats01

ただこのTLV、発売ペースが通常トミカに遠慮なしでかなり
精力的。価格の高さもあり完全コンプなんて早々に諦めましたが、
カラバリもあり自分が何を買ったか覚えきれないsad
そこで携帯のメモ帳に購入した品番をメモる事に。入力は大変
でしたが『これなら店頭でチェックできて便利!』と愛用。
しかし機種変更により消滅…

もう一回メモる根性はないっ!とスネてましたが、よく考えたら
今なら自分のBlogも携帯から見られる!そこで…

長~い前置きでしたが、早い話この記事は覚え書きです。
なにとぞご容赦下さい。

それでは~

■トミカリミテッドヴィンテージ

LV-01 f 日産 セドリック(白)
LV-02   プリンス グロリア(ライトブルーM)
LV-02 f プリンス グロリア(黒)
LV-03 f トヨペット クラウン(薄茶M)
LV-07 a プリンス スカイライン 1500(白)
LV-12 b ダイハツ CO10T型 オート三輪 日本通運
LV-12 c ダイハツ CO10T型 オート三輪(ライトグリーン)
LV-14 a プリンス クリッパー 低床(青)
LV-14 b プリンス クリッパー 低床(モスグリーン)
LV-16 a いすゞ ベレット 1300(白)
LV-19 a トヨペット クラウン パトロールカー
LV-20 a トヨタ 救急車 FS45V型 玉川消防署
LV-21 a トヨペット クラウン ワゴン(白)
LV-24 b トヨペット クラウン スタンダード(クリーム/朱)
LV-26 a スバル 360 カスタム(白)
LV-26 b スバル 360 カスタム(水色)
LV-27 a スバル サンバー ライトバン(白)
LV-27 b スバル サンバー ライトバン(水色)
LV-28 a マツダ キャロル(水色/白)
LV-28 b マツダ キャロル(朱/白)
LV-29 a マツダ K360(白/水色)
LV-29 b マツダ K360 郵便車
LV-30 a 日産 ジュニア ポンプ消防車 玉川消防署
LV-31 a 日産 パトロール ポンプ消防車 東京消防庁
LV-34 b プリンス クリッパー バキュームカー 東京都清掃局
LV-35 a プリンス クリッパー 東京都清掃局
LV-36 a トヨペット クラウン 消防指令車
LV-37 a 日産 セドリック スペシャル6(黒)
LV-38 a 日産 セドリック スタンダード(白)
LV-39 a 日産 グロリア スーパーDX(黒)
LV-40 a 日産 グロリア スーパーDX GL(カッパー)
LV-41 a トヨタ トヨエース(クリーム/小豆)
LV-41 b トヨタ トヨエース(クリーム/紺)
LV-45 a 三菱 ギャラン AⅡGS(赤)
LV-46 b プリンス スカイライン デラックス(水色)
LV-47 b プリンス スカイウェイ(プリンス自動車サービスカー)
LV-50 b 日産 スカイライン バン(ニッサンサービスカー)
LV-51 a マツダ T2000(青)
LV-51 b マツダ T2000 日本通運 x2
LV-54 a 三菱 3輪 ペット レオ(薄黄)
LV-54 b 三菱 3輪 ペット レオ(水色)
LV-60 a 三菱 3輪 ペット レオ バン(白)
LV-77 a スバル サンバー トラック(白)
LV-98 a ホンダ T360(水色)
LV-99 a ホンダ T500 高床(グリーン)

【限定】
型番なし スバル サンバー ライトバン(北原ルームエアコン)

 
■トミカリミテッドヴィンテージネオ

TLV-N13 b 日産 バイオレット 1400DELUXE(シルバー)
TLV-N22 a ホンダ バラードスポーツ CR-X Si(黒/ガンM)
TLV-N22 c ホンダ バラードスポーツ CR-X Si(白/ガンM)
TLV-N39 a 日産 Be-1(黄)
TLV-N40 a 日産 Be-1 キャンバストップ(青)
TLV-N42 a 日産 フェアレディ 260ZE 2by2(茶)
TLV-N48 a ホンダ シビック SiR2(赤)
TLV-N48 b ホンダ シビック SiR2(青)
TLV-N       日産 スカイライン スーパーシルエット 1984年仕様


…やっぱり入力疲れた~
修正のご指摘などありましたらお気軽にコメント下さい。
 

| | コメント (0)

2010年9月19日

トゥルースケールミニチュアズ 1/18 ティレルP34 テストカー 到着!

5月ごろ発売だったハズですが延びに延びてやっと届きました!
長かった…

同社の製品では、同じくP34の1/43二台セットなんかがフジミさん
で取り扱い中止になったので『まさか…coldsweats02』と心配に。

ではさっそくお披露目です
008
TSMはアメリカのメーカーらしいんですが、生産は中国。
噂ではエグゾトのミニカーなんかを研究したらしいですが、それも
納得です。

011
ポッドとコクピットカウルがはずれます。リアスポイラーとタイヤも
ユーザー側で組み付けて完成となるので、逆に言えばはずれる
って事ですね。

019
マジすか…ってくらい凝ってます。この時点で以前ブログに載せた
1/20のキットが再現度で負けるという事態にsweat02

017
ABCペダルもあります。シートベルトも布+エッチング。実車に正確
かは判りませんけど自分でやると大変なシートの穴加工も。

016
エンジンのパイピングもがんばってます。リアブレーキへのエアダクト?
が曲がり気味ですが、1万前半千円で買えるモデルだからなあ…
そういう『甘さ』はさすがに散見されます。

006
大きなインダクションポッドもテストカーの特徴ですね。

007
後ろから。凝ってはいますがここも正確性は…でも雰囲気は
素晴らしい。


さてここからはMFHの1/20とのツーショット。
022
夢の競演かな?特にフロントノーズの造型解釈がだいぶ違います。
数少ない実車の写真を見るにMFH版のほうが近い気がしますが、
個人的にはTSM版のほうが好みです。

021
上から。小さい1/20のほうがゼッケン大きいぞ~coldsweats01

025_2
MFH 1/20

023
TSM 1/18


以上TSM ティレルP34 テストカーでした。
完成品ならでは?の甘い部分もありますが個人的には大満足。
買って良かった。
限定3000個のものですが多くの人に手にとってもらいたいですね。
010_2

■余談
TSM社のHPやこの商品の箱を見た方なら判ると思いますが、
実は当初予定発売日の前月であった5月の段階でフロントノーズ
の黄色いラインはサイドのelfマークの下まで回りこんでなかった
んです。

そこで翻訳ソフトを駆使して『ライン短いよ?』って写真付きで
メールしました。
感心なことにすぐ返事が来て、『もう間に合わないんだ~
ごめんね~。大体Tyrrell社にもあんまり資料残ってなくてさ~
(英文につき超意訳)』とのこと。

資料ないってネットで入手できる写真でも判るやん…と思い
ましたが発売一ヶ月前だったし仕方ないかな、とも思いました。

ところが冒頭に書いた通り発売は遅れまくり、かくしてやっと
届いた商品を見てみたら…
なんとelfマークの下まで黄色のラインが延長(印刷にデカールで
接ぎw)されている!
ひょっとしたらこの作業が発売遅れの原因だったのかもしれません。

なんにせよこんなマイナーなVerをミニカー化してくれたTSM社には
本当に感謝です。
次はサカーカーか019なんて出してくれないかなあcatface
 
 

| | コメント (0)

2010年4月19日

トゥルースケールミニチュアズ ティレルP34 テストカー

以前このブログで1/20のキットをP34プロトタイプとして紹介した
車ですが、最近になりノンタイトル戦ながら実際に参加(走行して
いる写真は見つからず)した車と判りました。

で、以降このブログでは

■プロトタイプ
P34jenks3


■テストカー
763p34press
とします。

P34は全部好きですが、僕のいちばんはテストカー。しかしこれ
がなかなか立体化に恵まれない。
そんな中アメリカのTrueScale Miniaturesというミニカーメーカー
からF1実戦仕様とテストカー、二つのP34が1/18で発売のお知らせ!

Tyrrell P34 #3 International Trophy Race at Silverstone Test Car
B01
B03
B04
B05
B06

試作品を見る限りなかなかのもの!
細部を見るとフロントの黄色いラインがサイドまで回り込んで
いないなどありますが、前述の通り立体化自体が珍しい車種
ですので、今回突貫購入を決めました!

実際の製品については5月の発売後に入手してお知らせ
したいと思います。

あ、日本での販売元はフジミさんのようです。最近よくお見かけ
しますねぇ(笑)

 

 

| | コメント (0)