« 2012年2月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月20日

宇宙戦艦ヤマト2199 1/1000 プラモデル

出渕裕氏が監督、TV放送に先立ち劇場放映やBlu-ray等で展開、ファーストヤマトのリメイクなどなど何かと話題性のある宇宙戦艦ヤマト2199ですが、そのプラモデルが本日まで開催の静岡ホビーショーにてお披露目になりました。

219901
※ホビーサーチ様より転載

ザクの頭もかくやというほど好みの分かれるヤマトの形状、とくに艦首部ですが、DVD-BOX付属特典の1/700キットから始まり新1/500キットへ続いてきた最近の流れで、個人的にこの造形は結構好きです。

ちなみにその1/700や1/500のキットは旧ヤマトの寸法から算出されたスケールですが、2199版ヤマトは設定上の全長が大型化しており、今回の1/1000キットは以前のスケールで言うと1/800程度だということです。

…で、なぜ新キットが1/1000になったかというと、
Photo
ばーん!

01
ばばーん! ※あみブロ様より転載

統一スケールでのワイド展開を睨んでのことだと!
特にガミラス艦艇はヤマトより大型の艦があるので、必然的に決まったものだそうです。旧キットでは『ガミラス艦』の名前でひとまとめにされていたものも、デストリア級・クリピテラ級・ケルカピア級と細分化され、それぞれ地球防衛軍艦艇と相対する(しかしいずれもガミラス側が大型で力の差を表す)ようになっているため、キット化の布石としてもバッチリなわけです。

ホビーショーで参考出品されたものが必ずしも商品化されるわけではないのは、バンダイさんとお付き合いの長い人なら周知の事実(汗)。しかし前述のように『1/1000の理由』が公言されている以上、期待は出来そうです。

これまでのヤマトキットはキャラクターモデルにスケールの概念を持ち込んだエポックな存在でありながら、統一スケールのワイド展開は多くありませんでした。主役より大きな敵キャラのキットを売ろうとは思わなかったんでしょうね。ガンプラがヤマトプラからスケール統一の有用性を受け継ぎ、今度はヤマトプラがガンプラから敵キャラ含むワイド展開の有用性を受け継ぐといったところでしょうか。

オッサンホイホイなヤマトではありますが、今回は萌え要素もあるらしいし(笑)若い人も巻き込んでガンプラのようなシリーズになってほしいです。
尚キットの初回特典には旧100円キットの三段空母の色換え、青色Verが付いてきます。
うちのリンクからじゃなくてもいいので、是非購入戴ければ!
 

" reinit="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }" reinitswf="function () { return eval(instance.CallFunction("" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }">
 
 
 
 

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年6月 »